ブルーライトは目にどんな影響を与えるの?危険性は?

 

 

最近、よく耳にする「ブルーライト」。

 

目に良くない影響があると、

 

なんとなく知っているけれど、

 

詳しくはよくわからない・・という方も

 

おられるのではないでしょうか。

 

 

ブルーライトとは、

 

目で見ることができる光である、

 

可視光線の中で、最強のエネルギーを持っていて、

 

目の中にまで届いてしまう光のこと。

 

 

紫外線の次に強い光で、

 

通常の可視光線であれば

 

角膜などに吸収され、エネルギーが消化されるのですが、

 

ブルーライトは強すぎるので、

 

網膜に刺激を与えてしまうんです。

 

 

網膜には、

 

明るい所、暗い所のどちらででも、

 

周囲の明暗を感じる力を持っていますが、

 

網膜に強い刺激が与えられてしまうと、

 

こうした目の働きがうまくできなくなります。

 

 

その結果、

 

暗い所では、明暗の判断ができにくくなったり、

 

目に痛みを感じてしまったり、

 

目の疲れを感じやすくなったりと、

 

よくない症状が起こってしまうのです。

 

 

 

そんなブルーライトの影響を

 

受けてしまったときには、

 

『ルテイン』という栄養素を摂取するのがオススメ!

 

 

ルテインは、網膜に存在していて、

 

補給することで、

 

目の疲れ、色の見え方を改善する効果

 

得られると言われています。

 

 

ですが、ルテインは食物からでは

 

なかなか大量には摂取できません。

 

 

そこで、ルテイン配合の

 

やわたの「めばえ」がオススメなんです。

 

 

やわたの「めばえ」は、

 

1日分、1粒に20mgのルテインを配合!

 

手軽に、効率よくルテインを補給することが可能です!

 

 

目の疲れ、ぼやけには、

 

やわたの「めばえ」で、

 

効率的にルテインを補給してみては

 

いかがでしょうか?

 

クリック⇒その疲れ目に、ルテイン補給!やわたの「めばえ」公式